忍者ブログ
ぐうたらなオタクの平凡な日々。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

違う本屋で買ってきてくれたお(*´ω`)通販しなくてよかったお

※以下、ネタバレ注意報


エンバーミング(2)
 和月伸宏

和月流人造人間(フランケンシュタイン)物語、ようやく第2巻発行!
ちなみに第3巻は8/4発売予定。…どれだけ2巻が遅かったんだか…w

第1巻ではヒューリーを主人公として、
彼の悲劇的な(人造人間としての)誕生を追いましたが
第2巻ではまた別の人造人間「エルム」とその主人「アシュヒト」を
主人公として話を追うことになります。群像劇(を予定していたなごり)。

釣り目なのにどんぐり眼なのがエルムのチャームポイント、と
作者コメントに書いてあるので、わざとこういうキャラデザらしい。
最初、読みきりか何かのカット見たときは、
何じゃこりゃあーワッキーはいよいよ女の子が描けなくなったのかー!
とびっくりしたものですが
読んでいくうちにエルムのキャラ(前向きなアホの子)の可愛さに
すっかり丸め込まれて目のキツさとかどうでもよくなる不思議w
アシュヒトは…黒髪知的メガネな時点で、もう何も言わないww
剣心完全版に掲載された蒼紫様のリデザイン(の再筆)らしい。なるほど面影が…
メガネを上げる仕草の多用とか
実用性なんてすっ飛ばした派手な銃/ギミックとか
そこらへんはさすが魅せるツボを心得てる。カッコエエー

アシュヒトとはぐれたエルムは
13歳の時点で時が止まっているのと
人造人間化で内面へ変化をきたしたため
おつむの弱いアホの子…ではあるけれど、
明るくて楽しくてイイ子。
身分違いの恋を成就させるために
駆け落ちという道を選んだフィリップとアザレアに出会った彼女は
迷子になっている自分の現状を放置して
二人のボディガードを買ってでますが…
駆け落ちを許さない家族からの追っ手、
それだけではない「何か」…

アシュヒトとエルム/フィリップとアザレア
二組の男女、それぞれの思い、それぞれの道。

「いつかエルムを…」と願うアシュヒトの願いは叶うのか?
そのとき「アホの子」エルムの人格は、どうなるのか?
「全ての人造人間を殺す」という目的のヒューリーに
エルムは出会ってしまうのか?
ロンドンに大量の人造人間が集まる理由は?

ワッキーの仕事場にアシスタントは増えるのか?w
(1巻でゆとりアシスタントが即辞めして大変だと盛大に愚痴っていたが
 2巻では規定と思われる31Pに満たない10P余の話が2つもある。
 WJ連載作家だった道元氏をスタッフに迎えてもなお厳しい様子)
ロンドンが不細工生存禁止ってのは、さすがに被害妄想がすぎると思うよ!
(根本的にネガネガタイプなんだろな…w)

3巻が待ちきれない!
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
TrackbackURL:
トロの1歩2歩さんぽ
ついったー
FFXIV
FFXIV PROF
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新記事
最新CM
[07/25 nishi]
[04/28 でじろ]
[12/09 たるな]
[11/10 nishi]
[10/24 レム]
ブログ内検索
カウンタ
プロフィール
HN:
葵猫
HP:
性別:
女性
自己紹介:
漫画アニメゲーム好きオタ。
家事育児の合間をぬって
ちまちまゲームやってます。
好きな属性:ロン毛、メガネ
あとニ面性。つまりツンデレ。
眼帯とヒゲの魅力に気づいた。
※いわゆる腐女子ですので
その手のネタが苦手な方は
ごめんなさい。

スケット同盟バナー
MM
忍者ブログ [PR]